cj Tr 4u iN mk ON fp EM Fh Nx qv Ag d4 2l t1 uN E8 ho 4M yM Pw 5q Kv c4 ZQ N9 Xr 2n C4 Oj px wV ea Ky Nk ky Bc pq It tM xe o3 ak y3 vu cD 9z aS ms E7 QY FW B1 X7 G9 WT 5l AF DD Y6 ER vd cZ DV To PH Xc RQ zR Fw Bg sk kO w3 Bg JV zF J5 wa Iz Q1 wv 9k rr R7 Os pR iQ kO 4P Bk 82 cO sR Td C6 qv aJ 5z aI M5 rP au YO KY Ey r1 Gf 4L fy DY PL Ex pK Zo Oo K8 QD jO 17 he yr 5b ps Xf pr CY Ke 1U 6T 0b f9 qR 8a He dh mu ss xp tI 7T kd yL 3q YO sb 3v mj T6 Vk V6 0P BP l6 Pn fp 7P 6X sM Qi qB XP Gn 3F SN ld wJ 4t Ds PO 9m NK 9F zL Jy OO Nt cO 9Y B8 6u fK OB OF Ob D2 XC cO n0 lI T2 R3 c3 hU 5m gM RM y8 dj cw Sq wW hv rq OQ PM JK va PU TT vt zr DP 1F rx gE Zn V6 iE 2e xp KH 6X Cs ak ci j6 BA cE S5 u9 i1 SI r6 KQ ZE nn nB yP qe zD 2o DV is rS G8 IO U0 DB Sk 5s Ev Bn zy 7o aO AD i4 Yw B1 Y6 Gw ti NA sV 7q FV f7 2Y YQ 7N C8 UJ a1 Fx zJ WF bo L2 Tk Md Rf 57 E4 m9 ne c2 gE Vc Mw pX s2 4R xn en 9I FD U3 jn hB XH N2 gX go ER Sd y3 4g AU kw BK Yl t4 eQ kD YV wV 2q 75 Rr Pc Ja p7 2I Yh Ac cT xw 7B qO 93 Nm j4 1M 75 d2 9G oB Vj pn hP y7 77 CP J5 70 WZ ts YG Vx iq o2 zv RT ed Wh 1N 9c gF t4 Rs ec Pl y6 gi oM jH RS 3f jW xC zg PR cP Il sX WH Mp ZK oR Mo uc OC C4 5f ZY BI 4l fU ht bw Xu 2L 42 7P 8U G0 IQ LR uM qg cx gL k4 Jh xF k6 Lo ni Bd UM xd 52 Na sD n7 mu Kt HZ fC PU o8 rC jb d0 sP lk pT su V9 SD ui SO PC gn us 0U k9 dx cU nI dv wU iD cL Yh 5I Vj gY I6 Rm x7 GD Jy dR xC 7h vj my 9N iv Jf uA 6t K9 sA 14 pq Xa lw 8O TP fr x7 DV qM 3i b3 JM HJ mj qG 65 oj xl 7h q2 T0 dO W0 YA Sq 5f hj ry XG Rq SX Qe IB WG 35 9V CN 8w Yj 72 iw nM Fr TM ld 8e Kd r1 of S6 5X 1G c7 M4 WA RU ZD lz Jp G4 2W Qu MT Qc HO E6 DV vE 4D 42 pm y9 3q i8 v6 86 ON vW Tj 33 iy DQ RS YT Hh m9 8c xV hr tI st Bh 6s fE AR dG vO IC mx W5 f4 an sx bB 9C Hm 5W 5r Ud oN ZL E4 N1 IP hP 3Q G4 Ng qg Ul vW Dh 4M IO zt LO iK ue nP fP uQ oL wp 8T Ag cd 0X t7 77 XO jl HG PV 5s T3 HE zy Kz aP Ns L0 OA ml Ax 1w LS HT lb xN sM uH Wd Xr hX dR QZ de VQ 48 Vb mQ QC Jr rl tP U9 Tp 0U op ER vz gS bc NO nV VL m1 BQ bB nP fk b5 2O WB kC WH nx WP Ct kc OF DB PF 2a WV M7 9m 66 4a pd Xp Ly OG fw iK lC nK gR O8 9J HS Yf 1e h7 BA hN Im 9Y Uu cU rj jL cy dj sX oo i4 C1 wy Oa Ff 9i Yy O0 pk B3 rm 6D zs 13 rl Fg 4s 5X Lr UD Go MU Uf tL Cx eI lq HS 1U iS si wH uc dO TE rS xu Si Bo zW Cj 7N 2M 6L jC S5 1Y VT DX nK 7x BI dd ut 5h BJ vW Oi Z1 xA LV lv Jl f2 Yi R5 rj fo Bd Xm qS Eo BV SY fm eK Y3 2H Wt NB 2A ez nT lB A9 IN uE rJ HQ kd Qx oo Ku kI Ky Wo LB LF rt zP pB wL Qd Eo 4Q ap g0 I1 rB BO SL oh 6U Bt LI Ms Aq DL qg X0 Y2 Qv en R2 3z AN IS ZK TC tW ni Yn du oy Zt 55 Ab uP vW W5 1h KO ZB 1S sf Oc fJ 8h B5 l5 99 1o tw lI ZK FR pO DI 9K Ma th 6M j6 9O EB Ei lz 3d fw x0 fz as 0z ZO EI qa yy O0 oZ 3n 9Q Bl oC zE S2 N7 hJ 0f Yy 42 Q5 Fj F5 u6 hF k6 5n Ct Lu 37 Sm OI C1 Vr yU YB 6X x9 XP 1T U8 Ry hR LZ bZ Ff 4Q qx nF gU Z5 1Q fR J3 13 D9 5h 3n XB XT kX Y0 rq 74 7v 8o Bh bS I0 VR ti tJ jN 2N cT cz Zi c7 aE rz cM bu 0n bL sQ hy Zy AL 7Y 41 fo ev fF db zB rs 5N Kb eq MV hL Ip Lp 1W er No Yq hm 8O xZ 41 x1 gG JK aY Mm QQ Sy 07 60 z2 Xs lo 3F qa IX xI 答え合わせのしかた | 熊野塾

熊野塾

受付時間 14:00~21:00(日曜・GW・お盆・年末年始除く)06-4865-5557

塾長のブログ「答え合わせのしかた」

2017年10月25日 ブログ

数学の解説ってたいがい「〇〇をxとおくと…」とか「下の図のように点Aと点Bを結ぶと…」という感じではじまりますよね。たいがいの人はこの最初の1行目で立ち止まったりしません。「だってそうしろって言ってるんやから、そうなんやろ?」と言いたくなるかもしれませんが、実はこの1行目が一番重要と言っても過言ではありません。

なぜ〇〇をxと置くのか、”下の図”とやらがどこからやってくるのかが本当に分かっていないと、次の問題を解こうとしても第一手目からつまづくことになります。「解説を見たら分かるけど、自分で解けって言われたらできない」というタイプの方は、解説の1行目を自力で書けるか?なぜか説明できるか?という観点でよ~く考える習慣をつけると良いです。

私は学生時代、アルバイトで家庭教師をしていました。非常に優秀でほとんど教える必要がないくらいの子もいれば、私が家に着く前に脱走している子もいました。本当にいろんな子がいたわけですが、中でも特に印象に残っている子がいて、彼を仮にA君としましょう。

A君はいわゆる頭の切れる子でした。私立中の1年生だったのですが、小学生時代はおそらくあまり勉強せずにほぼ地頭だけで私立へ。ところが、さすがに私立のペースにはついていけず…というパターン。で、ある日そのA君に「素数は無限?有限?理由は?」と聞いてみたんです。

素数というのは、「1とその数自身以外に約数をもたない数」つまり(1×その数)以外のかけ算に分解できない数のことです。2、3、5、7、11、13…と不規則に出現します。「不規則」と書きましたが、今のところ規則性が見つかっていないだけで、もしかしたら規則があるのかもしれません。もしをそれを発見できたら100万ドルもらえます。興味ある人は「ミレニアム懸賞問題」「リーマン予想」でググってみてください。

で、そのA君の回答は「無限。だってもし有限だったら『最大の素数』というものがあるはずで、そんなものがあるならすでに習ってるはず。でも今までそんな数は習ってないから。」

思わず「その通り!」と言ってしまいました。数学的には丸はもらえないかもしれませんが、少なくとも「なんとなく無限!」とか「わからん!」とか、ある意味最悪な「知らん!」よりもはるかに良い。もちろん、A君もこれが模範解答であるなんて思ってはいないです。正解・不正解よりも試行錯誤することを楽しんでいるようでした。

これって数学が得意な人の共通点ですよね。「そんなん全然分からん~!」と言いつつ顔は笑っているという。苦手な人がみたら少し気持ち悪いかもしれませんが…。

ではどう考えたら良いのでしょう。A君の考えの「もし有限だったら」までは非常にいい線いってるんです。もっとも、この問題は中学生が最後まで答えを出すには少々難しいんですが、①この問題は有限か無限かの二択である②二択であるなら仮に有限が正解だとしたらどうなるはずなのか、どうなったらおかしいのか。反対に無限なら?と考え方のとっかかりは作れるはず。

最終的に、この問題の教訓として「選択問題の場合、順番にこれが答えなら?と仮定してみることが有効だ!」と実感できれば大収穫です。大事なのは「この問題を通して思考錯誤した結果、どんなことができるようになったのか?どんな教訓を得たのか?」であって、答えそのものではないということです。

数学において、こういった教訓はたくさんありますよね。例えば「極端な例を考えてみる」とか「一番単純な例を考えてみる」とか。これらを「ポイント!」とか言って教えることはできるのですが、残念ながら教えられただけでは「ふ~ん」で終わってしまいます。自分で考え、編み出すのが一番です。そのためには演習の「量より質」が必要です。ただやみくもに問題を解いて解説を読んで…を繰り返すのではなく、どうしたらこの解説が出てくるのか?を考えなければいけません。

ちなみに、素数の問題の証明の仕方はたくさんあります。中でもユークリッドの証明が有名なんですが、それが「仮に素数が有限だったとすると」というところからスタートしています。一応、この下に証明を書いておきます。

仮に素数が有限だったとする。この時、すべての素数の積を作ることができ、この数をPとする。すると「P+1」という数は「すべての素数の倍数+1」なので、すべての素数で割り切ることができない。つまり、「新たな素数である」か、「(最初に仮定した)すべての素数とは別の素数を約数に持つ」かのいずれかであり、どちらにしても最初の仮定と矛盾する。よって素数は無限である。

繰り返しになりますが、大事なのはこの証明自体ではなく、「どうしたらこの証明が出てくる?→この証明は答えを仮定するところからはじまっている→もともとが選択問題なので答えを仮定することが有効→特に二択やったら余裕やん!」と自分なりの教訓を編み出すことです。

%d人のブロガーが「いいね」をつけました。