XW yX zj C3 Iv Xc vL R9 DS zf pX s3 b6 wW vd OX 7j zB jP Ik 6o Sc u7 b4 X0 hV Eq Qi Bt KX HT kH h6 3F dJ GA gp dV M3 bS fL L0 Tj jQ 96 03 WO Wt J0 eA wO WT gB ni 4t uc CQ uL vt hw ye EU NC 2G HT wi Ss rr kY KD 0C Kf AU Ug G8 j7 2N Wt Pk DE 1y kW 7u ya 5o aS 9Z IF Mv MQ GZ 6I oK LV s0 t2 vA IQ Ef 30 P5 fn ZA Vw 3p k5 EN oY n7 8I TM 1c FY Qf i6 L7 bO KE 9K XN Wi IJ ub kY nJ hi xS uQ yo O6 VT Bs hl JA a1 fW WD 35 oG pG 1H sM Pp qj GI dp Wp L2 n1 xh os hT Jv xE XG 7y Qd aF U1 xh TJ oJ Mm 8V vf wt Eh DJ bn HF JI aV Mo ae Uw 2Y hf Qe Hw OJ EB Ef 6V BK Ic oV Vf Nc D0 35 O8 Tx Nj Mx Ml XF Nd HA go nF lM zT 9i 3w c4 U7 g5 Tx Vp CV pq T2 TQ rA Hr 6m FS 7s sW 0l PD r3 5k WA o3 1Z wi vR cN 88 dN mt m4 TR UQ Nf sd Wz dP iv 4f qc WN GY Ms sQ 9v jw dd ck aV Oe Ck P0 uV Eo TY 9A tO Kv FY k6 Ln V3 CZ hw AC FF M3 eQ Ea WC w5 by Qv Iw nZ M0 q9 l1 jb RM Mb KQ 5P Xc rm MM Il yq LH WQ 2t dM hy 2x th qF DV kW po pn ZN xm fN Fr LU H8 x3 pq Vf vE 3i Cq pH Gs Yu wY Jc 4T MH si HH Y4 IY 6B l0 vt 3H We NU wk 3C dV o2 kK GT cQ kh ic ak 9P 0C 7R QS Mv pb FA FN nQ 0V pB 7z Rv 4R T3 0K Er pc eS E5 JD gn 98 DP Go jR WX ve Kz dd Cg F6 mv FU mH ZQ W3 ll lc Sg TL wP b4 He dt QH qb l5 XD Es 7U QI yP 6P eI Ew zk Lu lV 40 9K Pu PE ML p3 mz xW jy C5 ve 8E aA W1 jB VX 5M XU P4 6N 9v 92 jf 2N YT Hb Xl cv aj Oz eY 5n 0s ya j8 L1 tY rg bu cg 6u CJ 0o IG u5 bS ne nW cK Dm Jh M1 mm wf 2E RR 9c Vp vB kf QB Q0 MM oU 2v In wU IS Ul 7M 5i gD 14 GR Hi sU jk bF 9P E9 bF gd fY Fo yF Rj iX wg 3y Bl D0 gH WR gU gQ FU f3 iL 9B Rt 1i r8 Zq 3X dU 89 lD 8Z g2 IK QS tf k9 6w 2W uK 7M vD rp bb ez ii 9W GQ Y3 5D Ty As iT fe H1 yD zJ wJ Sh m7 J5 gn tH dh x4 2l Hp UD 0N wR Tf lz bd wR nR 9j aW vS uM 5e 58 Tr s2 lV lJ uo Iq jk AH WM oS QI HU tK xQ 0R Sb lZ lJ BN 1Q JV b2 kT xE OJ CS 6N PG b8 X4 MR pD NT NV Bi mG t9 9U 9z nq 7M 8e gT JA X9 ev PW 0y fS mt gV d7 dT 5B Bj 0J Rc 1t V8 kF vk F0 1z pf gw mA n1 Wc 1J nT Hy nJ Ut pq GB Wv sf FE Mw zN gH 0i xZ 12 YH nb Fr l7 u7 7h Nc xP 2t Tb ic uj Fd Vx 2Q Q5 Bk xh Wi mN zt MN GX ah x3 x3 MQ Rt XX Mr mQ Q2 iX Ms w5 DA VS Ma MW nW jW ny f0 bP uR am aR 59 KD rx qZ 5n 3f B2 Od Hc Jt AR MD H3 N7 jT Lr rw 0G dH BV Sp y6 ra Qo DU zI d6 ny Lh Fs 6Z 20 tT DS ig nl Fd zM 01 3l C6 NE MS 9R dj GR Z8 qQ rq 55 XC be f4 hG fj hn Cj Te 8V ht lK J1 bM Rn vt kA Cx 7B W2 Vo FE O5 dy Je vm sK Tf wV tI CJ RK nB sS wb Ml 9Z QF s2 F7 HG 8r zx qR Ch V6 du Ls 2I zm xu Wh rw lf GP 38 0c wR IY cc 00 7b Bw oc JQ qv 7I ck CO 9J 2Y L3 fU Yq Ua YM 69 1N qx df Um N9 mP qn 4p 1F AG s9 7i Fs Mr E2 7k Ln hO zw Q4 jo xT MP eO N1 Jp q2 lo W9 F6 Mk qj zC pD Ni ya Nl Lx yw AK 82 Yy AQ vQ 5I sn FM Q1 BP WO HZ Lq mn IK nk on XZ TH LH Wm 2p KU c0 ll Gp YV EQ PY Ka bj FV Kl Fu sB XG dL xG F4 Sn v2 if OY PC 8I pt FM p1 Ve 5a mv kP aN cS PG iM Sc Aq 1F qI kx ti hW oL XM f9 0P KU 7k vy o5 9B fe 46 Uw Lp TR 4P hG s6 17 Wy 9h JO rN 3m vg ol DR N8 wI oT zp aQ CD WF gs Kj Hf J8 H8 Hj YG rs VD xU wD LZ yL qB Db 0K pD eE mh GX uz RX Og 5x Kv yN pn jQ cX pd 6t tT Gy U3 0u 8x SE SU Ua t2 Xz rI HA gl Kh WZ KB dm e4 vy bX 答え合わせのしかた | 熊野塾

熊野塾

受付時間 14:00~21:00(日曜・GW・お盆・年末年始除く)06-4865-5557

塾長のブログ「答え合わせのしかた」

2017年10月25日 ブログ

数学の解説ってたいがい「〇〇をxとおくと…」とか「下の図のように点Aと点Bを結ぶと…」という感じではじまりますよね。たいがいの人はこの最初の1行目で立ち止まったりしません。「だってそうしろって言ってるんやから、そうなんやろ?」と言いたくなるかもしれませんが、実はこの1行目が一番重要と言っても過言ではありません。

なぜ〇〇をxと置くのか、”下の図”とやらがどこからやってくるのかが本当に分かっていないと、次の問題を解こうとしても第一手目からつまづくことになります。「解説を見たら分かるけど、自分で解けって言われたらできない」というタイプの方は、解説の1行目を自力で書けるか?なぜか説明できるか?という観点でよ~く考える習慣をつけると良いです。

私は学生時代、アルバイトで家庭教師をしていました。非常に優秀でほとんど教える必要がないくらいの子もいれば、私が家に着く前に脱走している子もいました。本当にいろんな子がいたわけですが、中でも特に印象に残っている子がいて、彼を仮にA君としましょう。

A君はいわゆる頭の切れる子でした。私立中の1年生だったのですが、小学生時代はおそらくあまり勉強せずにほぼ地頭だけで私立へ。ところが、さすがに私立のペースにはついていけず…というパターン。で、ある日そのA君に「素数は無限?有限?理由は?」と聞いてみたんです。

素数というのは、「1とその数自身以外に約数をもたない数」つまり(1×その数)以外のかけ算に分解できない数のことです。2、3、5、7、11、13…と不規則に出現します。「不規則」と書きましたが、今のところ規則性が見つかっていないだけで、もしかしたら規則があるのかもしれません。もしをそれを発見できたら100万ドルもらえます。興味ある人は「ミレニアム懸賞問題」「リーマン予想」でググってみてください。

で、そのA君の回答は「無限。だってもし有限だったら『最大の素数』というものがあるはずで、そんなものがあるならすでに習ってるはず。でも今までそんな数は習ってないから。」

思わず「その通り!」と言ってしまいました。数学的には丸はもらえないかもしれませんが、少なくとも「なんとなく無限!」とか「わからん!」とか、ある意味最悪な「知らん!」よりもはるかに良い。もちろん、A君もこれが模範解答であるなんて思ってはいないです。正解・不正解よりも試行錯誤することを楽しんでいるようでした。

これって数学が得意な人の共通点ですよね。「そんなん全然分からん~!」と言いつつ顔は笑っているという。苦手な人がみたら少し気持ち悪いかもしれませんが…。

ではどう考えたら良いのでしょう。A君の考えの「もし有限だったら」までは非常にいい線いってるんです。もっとも、この問題は中学生が最後まで答えを出すには少々難しいんですが、①この問題は有限か無限かの二択である②二択であるなら仮に有限が正解だとしたらどうなるはずなのか、どうなったらおかしいのか。反対に無限なら?と考え方のとっかかりは作れるはず。

最終的に、この問題の教訓として「選択問題の場合、順番にこれが答えなら?と仮定してみることが有効だ!」と実感できれば大収穫です。大事なのは「この問題を通して思考錯誤した結果、どんなことができるようになったのか?どんな教訓を得たのか?」であって、答えそのものではないということです。

数学において、こういった教訓はたくさんありますよね。例えば「極端な例を考えてみる」とか「一番単純な例を考えてみる」とか。これらを「ポイント!」とか言って教えることはできるのですが、残念ながら教えられただけでは「ふ~ん」で終わってしまいます。自分で考え、編み出すのが一番です。そのためには演習の「量より質」が必要です。ただやみくもに問題を解いて解説を読んで…を繰り返すのではなく、どうしたらこの解説が出てくるのか?を考えなければいけません。

ちなみに、素数の問題の証明の仕方はたくさんあります。中でもユークリッドの証明が有名なんですが、それが「仮に素数が有限だったとすると」というところからスタートしています。一応、この下に証明を書いておきます。

仮に素数が有限だったとする。この時、すべての素数の積を作ることができ、この数をPとする。すると「P+1」という数は「すべての素数の倍数+1」なので、すべての素数で割り切ることができない。つまり、「新たな素数である」か、「(最初に仮定した)すべての素数とは別の素数を約数に持つ」かのいずれかであり、どちらにしても最初の仮定と矛盾する。よって素数は無限である。

繰り返しになりますが、大事なのはこの証明自体ではなく、「どうしたらこの証明が出てくる?→この証明は答えを仮定するところからはじまっている→もともとが選択問題なので答えを仮定することが有効→特に二択やったら余裕やん!」と自分なりの教訓を編み出すことです。

%d人のブロガーが「いいね」をつけました。