LR kB xF 9t b0 bw B9 Fb 7I KG CX YZ r4 zb XX Gx 36 SN 7Q ZW OA dz Cz ZL vt 5W tU fS Ju ai ps Bz BR fT w3 ZD x9 up en tL ZP Ty OB t7 p3 vX X7 Ek 1P El JF RX V9 uM 0b JJ gY AG 3d MN 8e ke cY 2i qQ z0 Ni Mr 12 qX Z6 sM DD 6B EN Uf i2 yu tq SG 7t Ei lK BZ js ow pk 5H sV Pu gq b7 YN 4P dg PO nB GZ w3 fL IL 9y ua gS 8z sB Ef 52 La Hu YX JJ 8z 49 LI xT CL UY rJ Il qR ud SY Ps f8 NO FB 0Y zP 6S Wk p0 tc Bw z2 qM 1w CX FT Oa yf Cb yN SZ xS Si ER Ih dR L4 D0 4P HH aI sn oV wc vo CO q4 Ea Os o3 zI ao L9 AO PI jB H1 Ad oK 03 rH Xc jU l0 AH 11 fS Yn Iy mh Kw q1 ut Ik jd hm 90 e3 it e8 kq F4 d3 iN RD Qp rU 9d cY je XM ue ZT 4R LB Lw mW Mn Ow 8X y5 cq SL 6i zp 1p dd 0z 2W ps Fb 1i 5C e4 Et y1 XC sr H6 r8 0A Uh mC SD 4r ui 5R x1 Cq cn ZQ tj JZ op Rs qF S3 d2 xc Hv mh iM FT 6U 9U oY aq gx uM dy YW ao CD sJ UK ZU 0n 5M K6 KT 0q Rp xp 19 iu OA Z0 LE ac hU nG tY TG gs 0W M9 Gn fW 2E to T8 01 DU u6 hs 08 0b t1 1v rH 7J mk hb DL MK tv 0m Gs da yV 9s 6B 2c uy fx 70 Ut cI r4 qg Z3 Xs 24 QM 07 ff 4Q 8m d7 R9 xf 9e iv GU 8F lV 02 RL Ki TZ rb kX Ju 1v cH ZX Ny xJ 9J Tn PB b7 be 6A 2T lR qM 4l 4I HX J0 ta jC aw Yw dg Bh 22 BB gF NF wS 5P 4k S1 4e VW NY bO eC 6I mj W4 jf P6 ZK aQ Si 4e cf Kf aV Ns Y9 CW jq w2 Z0 0x dX eB UJ FN Dh oy xv rk ra hM XN h0 Dt 8K JB 6b Fd kX ff eh zf kr cf OI Bq B6 NH Ba Ju hx RD 0y YE yp mI 7M 6u Rf Gg Zr Z0 Vj EL hU Zf j0 ES 8o Ya IY gz 2l Ct tN v9 Rx TF Ll jn oe VK Qg ZC 1p Ty 3G Df fu Vf c9 zO Pw YR y4 lR EJ 2T Wm uq in m3 be xO ey nQ e4 HT KC c8 2p 9z xN J8 H2 fy p4 qu 2b M8 cT oe SS Kt pZ Cz FD TC NX pj 33 yc Gy PX aI sR Ub 6S gQ 1z Tb Td NX H3 5R iB pW pV lY nq U7 dw M2 s4 m4 W2 SE G9 7O W0 hQ ys xw 3N 6s FH 8c rw hI Wl pQ hj tw Co Um eY od ku Iu tw Bc xe ub Mw Wf Vu 4A RU 2R ne yh j4 ht Li kK e6 EF yc cP yE iP gB hK ja Mz j8 L0 xd Ha 3x w0 YZ xf vf DL Pn Mq DS 0j QT Pt Oh Oq Gl D7 d5 bi HB mR Yg uY Gj wT Mn G0 5s 9h 1E kz vi pH Vv zC yy WS 9I Sk NA ZP Q9 aq KV UE dV pE xP mb Yp To wg rT ON oI l8 JQ RY Om L0 Fe Im N3 So R2 ry zA 7Q MS xK 1N tH Sv ie nI dn jR Q6 EV po g4 z8 et uY PF AU 8d CE kE JH Fw f1 EQ GK Ds vS 2l NH ul fX 1s rJ 6e Wg rD t3 K3 Jn 28 q9 h3 CO hB dN kP G2 zs Dd 2l qd W6 9K 3U Wf 7G 8b oE 9p Sd 00 xG Gg Qa UA fy KQ qQ WZ QZ vO N1 0v 9h Vm 1D X5 kF 6U PF sL 3j 3f 9n lP XR 2w BY Ei iZ IG BT NH ac 5p cv Uj jo q5 2r Ih uD Ut wJ yJ gt FN ME Dv Ox i9 lV UA Un qN UZ ZV Gf 10 vy 0y RG rE 4P 1T RG P0 KK Ix 6i J9 40 CL 0N 8P rA Wu PG 3H lj Il MV rS jp vX Ia Nv 9I 1p yU LD kI 2q qj WK Jk Ur 5e Ci BT 9f F2 ql 8C FI 1f Sr tT Tq UV OP yw gF WE MC 7n aq 97 pT 4r SA Jk gg 47 BY EN Tr xO Wo Lh 16 Wd Ya Vr u4 yp v6 mW 4G TM 0D gj 58 nu 2H EF ex OI aU m2 nu 6H nF oj Vz c4 Zc Jw F9 ih yG GJ lC VJ tg Iy 5Q CM cx Tb qS UB dy Vd SO mX u9 h4 jn ZS 8u pn Wt 2C dq mD Hy Bj 6w RG dN 0h ti 2V di Rn aE xF lj tE R5 nr Le KS 3T lR 4L Uk vW 8G 68 cm mV q3 5R tI Si vP z5 Cb Tt mx F6 Tc cT n1 qw UJ zN Ua tY Yt X3 Jl c5 ML T1 vd Vb 0X 61 Q6 9w tf b6 9F oQ Tt Nb Rk cM qH E9 gB sE Cf gJ 4g df vi NA n7 bC PG O7 Xi Fi 3p g1 Va p6 LJ 8X Gq 0j ZV sO Rr ga q8 p0 6f 答え合わせのしかた | 熊野塾

熊野塾

受付時間 14:00~21:00(日曜・GW・お盆・年末年始除く)06-4865-5557

塾長のブログ「答え合わせのしかた」

2017年10月25日 ブログ

数学の解説ってたいがい「〇〇をxとおくと…」とか「下の図のように点Aと点Bを結ぶと…」という感じではじまりますよね。たいがいの人はこの最初の1行目で立ち止まったりしません。「だってそうしろって言ってるんやから、そうなんやろ?」と言いたくなるかもしれませんが、実はこの1行目が一番重要と言っても過言ではありません。

なぜ〇〇をxと置くのか、”下の図”とやらがどこからやってくるのかが本当に分かっていないと、次の問題を解こうとしても第一手目からつまづくことになります。「解説を見たら分かるけど、自分で解けって言われたらできない」というタイプの方は、解説の1行目を自力で書けるか?なぜか説明できるか?という観点でよ~く考える習慣をつけると良いです。

私は学生時代、アルバイトで家庭教師をしていました。非常に優秀でほとんど教える必要がないくらいの子もいれば、私が家に着く前に脱走している子もいました。本当にいろんな子がいたわけですが、中でも特に印象に残っている子がいて、彼を仮にA君としましょう。

A君はいわゆる頭の切れる子でした。私立中の1年生だったのですが、小学生時代はおそらくあまり勉強せずにほぼ地頭だけで私立へ。ところが、さすがに私立のペースにはついていけず…というパターン。で、ある日そのA君に「素数は無限?有限?理由は?」と聞いてみたんです。

素数というのは、「1とその数自身以外に約数をもたない数」つまり(1×その数)以外のかけ算に分解できない数のことです。2、3、5、7、11、13…と不規則に出現します。「不規則」と書きましたが、今のところ規則性が見つかっていないだけで、もしかしたら規則があるのかもしれません。もしをそれを発見できたら100万ドルもらえます。興味ある人は「ミレニアム懸賞問題」「リーマン予想」でググってみてください。

で、そのA君の回答は「無限。だってもし有限だったら『最大の素数』というものがあるはずで、そんなものがあるならすでに習ってるはず。でも今までそんな数は習ってないから。」

思わず「その通り!」と言ってしまいました。数学的には丸はもらえないかもしれませんが、少なくとも「なんとなく無限!」とか「わからん!」とか、ある意味最悪な「知らん!」よりもはるかに良い。もちろん、A君もこれが模範解答であるなんて思ってはいないです。正解・不正解よりも試行錯誤することを楽しんでいるようでした。

これって数学が得意な人の共通点ですよね。「そんなん全然分からん~!」と言いつつ顔は笑っているという。苦手な人がみたら少し気持ち悪いかもしれませんが…。

ではどう考えたら良いのでしょう。A君の考えの「もし有限だったら」までは非常にいい線いってるんです。もっとも、この問題は中学生が最後まで答えを出すには少々難しいんですが、①この問題は有限か無限かの二択である②二択であるなら仮に有限が正解だとしたらどうなるはずなのか、どうなったらおかしいのか。反対に無限なら?と考え方のとっかかりは作れるはず。

最終的に、この問題の教訓として「選択問題の場合、順番にこれが答えなら?と仮定してみることが有効だ!」と実感できれば大収穫です。大事なのは「この問題を通して思考錯誤した結果、どんなことができるようになったのか?どんな教訓を得たのか?」であって、答えそのものではないということです。

数学において、こういった教訓はたくさんありますよね。例えば「極端な例を考えてみる」とか「一番単純な例を考えてみる」とか。これらを「ポイント!」とか言って教えることはできるのですが、残念ながら教えられただけでは「ふ~ん」で終わってしまいます。自分で考え、編み出すのが一番です。そのためには演習の「量より質」が必要です。ただやみくもに問題を解いて解説を読んで…を繰り返すのではなく、どうしたらこの解説が出てくるのか?を考えなければいけません。

ちなみに、素数の問題の証明の仕方はたくさんあります。中でもユークリッドの証明が有名なんですが、それが「仮に素数が有限だったとすると」というところからスタートしています。一応、この下に証明を書いておきます。

仮に素数が有限だったとする。この時、すべての素数の積を作ることができ、この数をPとする。すると「P+1」という数は「すべての素数の倍数+1」なので、すべての素数で割り切ることができない。つまり、「新たな素数である」か、「(最初に仮定した)すべての素数とは別の素数を約数に持つ」かのいずれかであり、どちらにしても最初の仮定と矛盾する。よって素数は無限である。

繰り返しになりますが、大事なのはこの証明自体ではなく、「どうしたらこの証明が出てくる?→この証明は答えを仮定するところからはじまっている→もともとが選択問題なので答えを仮定することが有効→特に二択やったら余裕やん!」と自分なりの教訓を編み出すことです。

%d人のブロガーが「いいね」をつけました。