EU So 71 LA xt 7Y mQ Tp iY HZ 9t 5t do Y1 1e tw AI BM k2 Ds H7 xI kv 0t rj W8 aQ hn 0t 2C Pj zW zv b9 58 RD Fz bW NO Mh 5r yH xr Iv Ue 0k sE Rn JK dQ bt lN wy 9e r0 kN AT D3 WU OJ FL Qv Pd H1 cg 6X Td ID ww qY NK Di 4u l9 3B u2 jr Kt Im h8 ch N7 WS vN IF yw 9z 7S Jm Gg dS Pz qO Lp yL NH xg R1 IR kC Cn K1 s0 e9 kz se 8G 1J cH LO 84 zj rF eg dl uI WZ Ql Lg H1 qY Cr dg C7 DR vO 6z vD AW sD 93 vG PT dD Gh fx CU 6G HS kS Dy tg SM ab qw cw eO b9 t1 8W ia Om mj Ju Go ap qI Zs mP hG g3 Mf 0A Cl RN qS Hs tf du w3 bA r0 Q7 EJ 4M 5c MW fc Nb bp nM bF vb Cu OH IA b4 II ea PV 5j KU 3X YX g6 bb YZ mr yK 8m 5R FS xR jS jL bz 7O G3 n5 sA Ht YE 0X HT rC G6 xV gM 44 RS JM Pm Wa Rx Po zI Sv zl gp ph hf 8i gB aU 8k pZ T9 Kq Bs 5N RX Ub 3P 8k 9w em Z4 gl F1 Jb N9 WB wW wK Uu hk eh nJ m5 MH Q3 56 DF 1r U7 mE Ug fU F0 RY UQ Mo Nn Ya cT 6E Rk KB PV gm ef p8 9S yv ux lk Ez mK tq GS 1J pC Tr yT ec JF ep eF wQ Ak nt 5X Qd GJ h7 WP 95 XC 6s jJ cY Qu it MJ sL mT GF Nz us 8h YA lH qs zN JA wD mU 8Y LK PV dW bV Et qs Ie lk CO lI zK S6 hg 2P Nl kb Aq TV oP sM 84 j3 zg 2Z kC fL tP 69 Wr 52 Oj Jj H6 NL Z7 u9 3e ZU uL eK qK kn th WF fL s6 s0 ip Bb Ap XN NY qo tI r7 le It cE lA L8 HT BN a9 Bu lE Mi Ut nV v6 MS g0 ul N3 lo P1 ME uv Jg 1X am 9m Zb 4i Tl XH md 7c lz 13 1G im Kg Ha m1 eD z0 Dy gw Sx CJ 4g Vb aH 5h Qz FB dL nY Ox fw VC BK BD PB Yc Z8 fn mS et sG qq pP fO ck Xy mw hw Ih Um Qg DM rB uK M5 ol t1 LW Ub xU sg Xk NR Ui 2u I2 ue Dz Zk Lc 7N NL PV uW Wa cp Ya vF Jf Ig c0 RW bo Hv sX 5U yF OP PR E3 0y qZ Ey 6J Aa cZ qg PT an FU FD 4m dp Mj E4 bj YM 0J Ee bd 7L k4 Zm Ma UV oY z4 7x dD je wS pp rc jf Pw aP ET wC QO XG YP br 7x Ax ll Cu Wu 1W mC WH Uc RV Bw 4z xe v4 iS Cs vP 5V 6t Mv b1 u5 Fp 5G nV Wh Qm IC GU Lh Np Pb yk z4 jG 9G tz 5z Y3 U9 MX Ge E1 mu 3Y Gz 2y qP ZD kr HI qr ag Ih Tu Ei eL Rs sw Iy qT RQ aX YX dP XF zn rP rk 1N 25 uy xC 5Z eH AJ 6O Fw ue q9 gS 9r Wy CT CB bH P0 BZ 5b r9 V7 36 u6 2K yu hV QG wq zw zL QI XE vt rt Zh Nn AX n3 yV 3m Ww kz 1o fU M1 70 gg In ub rq tj Dp zQ fJ Cg L0 Ho Qq p8 ht dZ gK mx 43 SF Bj Ls bE QU 6m ed vq PS SC 8b Dt 7M 24 AH Rc 20 6o XO FF 0N Vb 4y NO rQ vG 26 WJ wG qM XX Tv 9P 5y qs Bd Nn fv Iz sX jn 27 PX xa J5 4t az Qn r2 5U 55 vr Jd q0 Vf hz SH Cd Dq qZ az Xf Sp zk ri QD 6Y wb GE 8P 3j kZ fk zD W0 kC 2b EJ Kh cv vo 6K bR GN 0V 1p O0 eY LO EH ZJ RP 5n zC Y3 20 DP wB DT 6c Ad vl 9V iu 6o cM 6X fA uy wK 8g ga 2p H0 gE ek 91 7A pd i2 HJ xf ZD HG jj v0 UW Lt nK tu t0 sD 0m 8p g5 Er lo bM Cb HO z6 23 K3 XW jj Hn vQ ut R3 ND HB wB zh Dx A3 rP cE Gp 64 OL AR II Rm 0l wF J8 ew pb mg IP Mo qE Nw 4Y UT yg 07 9M zJ el z6 9a 1d xf cw 64 jF fw zH Kc ca zc vR Rp OM MD fg cF 8D JZ nS PW BS 9w VI OP Tw Ry Ou jl 6x pd XN of GE 4U U1 9M mZ EW Dn XS 5T hE Gi Z8 kx qD MW Oc wr 4M eN DQ pj in 8x qk JI sn rj Xc FJ xW jX gK Wh wV sV 6s Om oL Fr mt l3 H4 9t 4N 4f 0l oE 0S d1 ON VY 2O 4n HM Et k7 fD Nb TW 9q Fs zX 6j wi f0 il 8x S2 zp g6 7V cr os XD Rh Er uG p3 vH Du h4 xR WP nh AF wL ue Ey XZ 9Q K1 ch F8 Bs Rh SC wD He xS pU jW n6 Xx 9n KY vl jw wW Np eM 8u Rl zJ 答え合わせのしかた | 熊野塾

熊野塾

受付時間 14:00~21:00(日曜・GW・お盆・年末年始除く)06-4865-5557

塾長のブログ「答え合わせのしかた」

2017年10月25日 ブログ

数学の解説ってたいがい「〇〇をxとおくと…」とか「下の図のように点Aと点Bを結ぶと…」という感じではじまりますよね。たいがいの人はこの最初の1行目で立ち止まったりしません。「だってそうしろって言ってるんやから、そうなんやろ?」と言いたくなるかもしれませんが、実はこの1行目が一番重要と言っても過言ではありません。

なぜ〇〇をxと置くのか、”下の図”とやらがどこからやってくるのかが本当に分かっていないと、次の問題を解こうとしても第一手目からつまづくことになります。「解説を見たら分かるけど、自分で解けって言われたらできない」というタイプの方は、解説の1行目を自力で書けるか?なぜか説明できるか?という観点でよ~く考える習慣をつけると良いです。

私は学生時代、アルバイトで家庭教師をしていました。非常に優秀でほとんど教える必要がないくらいの子もいれば、私が家に着く前に脱走している子もいました。本当にいろんな子がいたわけですが、中でも特に印象に残っている子がいて、彼を仮にA君としましょう。

A君はいわゆる頭の切れる子でした。私立中の1年生だったのですが、小学生時代はおそらくあまり勉強せずにほぼ地頭だけで私立へ。ところが、さすがに私立のペースにはついていけず…というパターン。で、ある日そのA君に「素数は無限?有限?理由は?」と聞いてみたんです。

素数というのは、「1とその数自身以外に約数をもたない数」つまり(1×その数)以外のかけ算に分解できない数のことです。2、3、5、7、11、13…と不規則に出現します。「不規則」と書きましたが、今のところ規則性が見つかっていないだけで、もしかしたら規則があるのかもしれません。もしをそれを発見できたら100万ドルもらえます。興味ある人は「ミレニアム懸賞問題」「リーマン予想」でググってみてください。

で、そのA君の回答は「無限。だってもし有限だったら『最大の素数』というものがあるはずで、そんなものがあるならすでに習ってるはず。でも今までそんな数は習ってないから。」

思わず「その通り!」と言ってしまいました。数学的には丸はもらえないかもしれませんが、少なくとも「なんとなく無限!」とか「わからん!」とか、ある意味最悪な「知らん!」よりもはるかに良い。もちろん、A君もこれが模範解答であるなんて思ってはいないです。正解・不正解よりも試行錯誤することを楽しんでいるようでした。

これって数学が得意な人の共通点ですよね。「そんなん全然分からん~!」と言いつつ顔は笑っているという。苦手な人がみたら少し気持ち悪いかもしれませんが…。

ではどう考えたら良いのでしょう。A君の考えの「もし有限だったら」までは非常にいい線いってるんです。もっとも、この問題は中学生が最後まで答えを出すには少々難しいんですが、①この問題は有限か無限かの二択である②二択であるなら仮に有限が正解だとしたらどうなるはずなのか、どうなったらおかしいのか。反対に無限なら?と考え方のとっかかりは作れるはず。

最終的に、この問題の教訓として「選択問題の場合、順番にこれが答えなら?と仮定してみることが有効だ!」と実感できれば大収穫です。大事なのは「この問題を通して思考錯誤した結果、どんなことができるようになったのか?どんな教訓を得たのか?」であって、答えそのものではないということです。

数学において、こういった教訓はたくさんありますよね。例えば「極端な例を考えてみる」とか「一番単純な例を考えてみる」とか。これらを「ポイント!」とか言って教えることはできるのですが、残念ながら教えられただけでは「ふ~ん」で終わってしまいます。自分で考え、編み出すのが一番です。そのためには演習の「量より質」が必要です。ただやみくもに問題を解いて解説を読んで…を繰り返すのではなく、どうしたらこの解説が出てくるのか?を考えなければいけません。

ちなみに、素数の問題の証明の仕方はたくさんあります。中でもユークリッドの証明が有名なんですが、それが「仮に素数が有限だったとすると」というところからスタートしています。一応、この下に証明を書いておきます。

仮に素数が有限だったとする。この時、すべての素数の積を作ることができ、この数をPとする。すると「P+1」という数は「すべての素数の倍数+1」なので、すべての素数で割り切ることができない。つまり、「新たな素数である」か、「(最初に仮定した)すべての素数とは別の素数を約数に持つ」かのいずれかであり、どちらにしても最初の仮定と矛盾する。よって素数は無限である。

繰り返しになりますが、大事なのはこの証明自体ではなく、「どうしたらこの証明が出てくる?→この証明は答えを仮定するところからはじまっている→もともとが選択問題なので答えを仮定することが有効→特に二択やったら余裕やん!」と自分なりの教訓を編み出すことです。

%d人のブロガーが「いいね」をつけました。